ブラッド・ブラッドリー

探偵。メルの上司。
多忙のため、スカーウェル家の依頼をメルに任せる。

※以下の項目には事件の真相を含みます

事件編

別件が片づかずなかなか迎えに来られない。

黒薔薇編

別件捜査中

血族編

ギルバートを探し出した後は、次の捜査へ。
メルからは連絡無し。

探偵編

シモンの死とメルの記憶喪失を知り、帰省。
家を継ぐ気は無いがオスカーの様子をミランから聞かされ、何か対策をと決意。

オスカーが殺害され、ジャックが何か隠していると気付く。
ジャックの告白を受け、再度、モリスに遺体を検分してもらう。
注射の跡が発見されジャックの所為では無い事が明らかに。
徐々にアッシュの介入を疑う。

お荷物&弱点でしかないメルをグラン警部の協力でロンドンに返すことに。
何か様子のおかしいミランにメルを駅まで送らせ
その隙にミランの部屋を調べると、薬が見つかる。
モリスの協力で夜を徹して薬の成分を調べ、アッシュの介入を確信する。

翌朝、スカーウェル社の株式が売りに出されたことを知らされ、至急、買い戻すよう指示を出す。
が、すでに取り引きされた株の売買益は社の口座以外に振り込まれたらしく、買い戻すための資金が不足する。
そこで、オスカーの部屋を調べ金庫を発見。裏帳簿と銀行口座番号を手に入れる。
すぐさま現金の引出を差し止めるようジャックとカントを向かわせる。
何とか銀行の説得に成功、株も8割方、買い戻す事が出来る。

屋敷に集まった全員に対し謎解き。

note