ギルバート・スカーウェル

オスカー・スカーウェルの長男。
家出中。

事件編

アメリカで事業展開するための勉強・準備をしていた。
シモンの死をブラッドリーに知らされ帰省。
家を継ぐ気は無いが、オスカーの様子をミランから聞かされ、どうしようか思案。
自分の生い立ちは知っている。

黒薔薇編

シモンの死をメルによって知らされ、帰省。
その晩、オスカーによって酒に薬を混ぜられ、酩酊させられる。
目覚めると地下室で、気を失っているメルと一緒だった。
その晩の記憶はよく覚えて無いが、暴行は加えていないと確信している。

血族編

母の死に際に自分の生い立ちを知らされ、家を出て独立。スカーウェル家との連絡を絶つ。
ブラッドリーから連絡を受け、一旦帰省する。
帰省後、オスカーから財産継承を提案される。
しかし翌日、オスカーが死亡。
財産はオスカーの実子であるミランとクローディアに渡されることになる。

いつか、真実を明らかにし、
スカーウェル家をミラン・ジャック・クローディアで守って行けるように・・・
と、思っていたが、
殺人が2人の仕業と気づき、無実のミランを救うため、2人を糾弾する。

note